creative unit DOR

「瀬戸内経済文化圏」POP-UP SHOP 企画及び期間限定運営

Works15

「瀬戸内海に面する都市の、一極集中型の放射線状に広がるコミュニティではなく、環状に相互に連携するコミュニティである瀬戸内経済文化圏」を可視化する取組みの一つとして、瀬戸内地域のクリエイターの情報と商品を集約し発信する、「瀬戸内経済文化圏」ポップアップショップを企画し、デザイン・クリエイティブセンターKIITOにて期間限定で運営しました。

 

クライアント 神戸市

クリエイター

服部滋樹(graf 代表|什器デザイン)、原田祐馬(UMA/design farm 代表|ロゴデザイン)、幸玉次郎(MOU Trateknik&Design|什器制作)、岩本順平(ディレクター)